in season中田綾子料理教室 日々のくらし

講師が食、季節、ちょこっと趣味などについても綴ります

根菜の保存、冬はここ!

ここ2~3日は雨のせいか、大阪では暖かく過ごしています。 11月に入ると、最低気温が10℃前後になりますね。 みなさん、どこに根菜を保存していますか?

戸建てで、倉庫がある、床下に収納がある、という方はともかく すぐに芽が出てしまう根菜は冷蔵庫の方も多いのではないでしょうか。

私はこの季節はベランダの日陰においています。 冷蔵庫のように袋に水気がたまって、気付いたら傷んでた、なんてこともなく とても長持ちなのでおすすめです! ただし、あまり置きすぎるとやっぱり乾燥しちゃいますからね、 早めに食べてね。

置いている野菜は、じゃがいも、さつまいも、にんじん、玉ねぎ、里芋、など もっと寒くなってくると大根も置いています。

方法は

大きめの段ボール箱を用意します。(野菜たちがゆったり入る量です) 新聞紙は2日分用意します。 段ボール箱の側面両方に3/4ぐらいのところに穴を開けます。 (風が通るようにします。) 段ボール箱イラスト イラストのようなかんじです。

中に新聞紙を敷き、野菜を入れ、新聞紙でふたをするようにかぶせます。 暗いので芽が出ない状態、穴から風が抜けるように保ちます。 置く時もべたっと置かずに下にも風が通るように、少し高さのあるものの上に乗せます。 (片側だけで斜めでも大丈夫です) 雨の日は室内に入れて濡れないようにすることさえ気をつければ、春になって気温が上がる頃まで 冷蔵庫も広いしおすすめですよ~!

ただ、大根だけは水気がどんどん蒸発するので新聞紙で巻いて、早めに食べてください。 どの野菜も切ったら、冷蔵庫に入れましょう。

Copyright(c)in season Ayako Nakata All rights reserved.