in season中田綾子料理教室 日々のくらし

講師が食、季節、ちょこっと趣味などについても綴ります

家事としての料理を快適に

Advanceのテキストが少し遅れていてご迷惑をおかけしてます。 言い訳、ではないですがこの機会に講座に対してのこだわりを書いていきたいと思います。  目標とは違って、これは私が何をベースに講座のテキストを創作(?)しているか、といったようなことです。

今日は「家事としての料理を快適に」です。

毎日作ることに耐えられる家事としての料理は、こりすぎないこと。  テーブルコーディネートを楽しんだり、ってそういうのは個人の自由だから 楽しむ時間があれば存分に楽しまれたらいいと思います。  そうではなくて、味の話です。 できるだけシンプルに。誰でも知っていそうな料理ですが、おいしく。 丁寧に作る。  それを自信を持って作ることができて自分のレパートリーとして数えられること。 

そして楽に作る、つまり段取り良く、テンポよく。 味つけも一緒。  そのためには頭の中で時間割のように工程を組み立てたり、味を足したり引いたりできるようになること。

快適に作るには多少技術の習得も必要です。 そこも丁寧に練習できるように。  献立に悩まないためには、どうすればいいか。 旬の材料を使えるようになれば安く作ることも、可能です。 そんなことも。

料理の上達は一日にしてならず。  でもちゃんと快適に作れるようになることを目指して。

そんなことを考えながら日々テキストに向かっています。 できるだけ、わかりやすく。 なかなか大変です(笑) でも、きっと伝わると信じてます。

Copyright(c)in season Ayako Nakata All rights reserved.