in season中田綾子料理教室 日々のくらし

講師が食、季節、ちょこっと趣味などについても綴ります

味つけが物足りないとき

こんな悩みありますか? 味見すればするほどわけがわからなくなっていく。 そうです。 なので、うちのレッスン用レシピでは味見の場所が指定 されているわけなんですね。

それでも... 味が決まらない。物足りない。

世の中の「料理人」という人たちだって、100%満足する日なんて あるんでしょうか。 そのぐらい味を狙った通りにつける、というのは難しいものなのですが、 合格点に近づける手段を少し書いてみます。 (あくまで、近づける、です)

昔、母校の料理教室があった頃、先生に言われた、 「目をつぶって味見してみなさい」

これ、おすすめします。 教室の生徒だった頃は、「ほんまかいな」と 半信半疑でしたが、目を閉じることで集中できることにつながります。

それから、時間を置く。再度味見してみる。

距離をおいて眺める、みたいなことでしょうか。

物理的な解決方法として、香りを足す。

ぼんやりとしてしまう、塩味だけのきのこを炒めたソテーなら パセリを足す。とかそういう方法です。

悩んだら、一度試してみて下さい。

Copyright(c)in season Ayako Nakata All rights reserved.