in season中田綾子料理教室 日々のくらし

講師が食、季節、ちょこっと趣味などについても綴ります

いかなごの選び方

3月1日今日、イカナゴくぎ煮レシピ追加しました。(公開レシピに入っています) ちなみに、日曜日は漁はありませんので入荷なしです。 (悪天候の場合もないと思います) 見つけたら、チャンス!


今日は風の強い一日でしたね。 真冬のような寒さではないけど、 暖かい日が続いたあとだと、体がついていかないですね。

今日は春のおとずれとともにやってくる「いかなご」についてです。 一度はチャレンジしてみたい! という方もおられると思いますが、まず選び方についてお伝えしたいと 思います。

パックに入っていると見にくいのですが、鮮度のいいものは一匹一匹が 透き通っています。かつ、光っている部分がきれいです。 IMG_0247

買って帰ったらすぐに調理しましょう。

魚というのは小さければ小さいほど、死後硬直もとれ、どんどん身が 劣化します。 (大きい魚は絞めてから3日ぐらい大丈夫なものもあります)

強く水に当てないように大きなボールに水を入れ、そこにイカナゴを入れて 手ですすぐようします。 柔らかいので優しくすくい取って、ザルにあげるのですが、 この時点でつぶれる(お腹が割れる)ものは若干古いです。 早めに加熱してくださいね。

なかなか新鮮なものを手に入れるのは難しいです (実は今日も手に入りませんでした)。 雨よりも、突風が吹くと漁師さんも漁に出られないんですよ~ めぐりあったら、ということでお店をのぞいてみましょう。

期間中に手に入れば(撮影できれば)レシピアップしますね。

Copyright(c)in season Ayako Nakata All rights reserved.