読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

in season中田綾子料理教室 日々のくらし

講師が食、季節、ちょこっと趣味などについても綴ります

料理を作る楽しさって、どう伝える?

料理の上達

f:id:inseasonfukusai:20160722215321g:plain

こんにちは。in season中田綾子料理教室です。 

いつもdiaryをお読みいただいてありがとうございます。

夏休みになると、家で子供たちが料理を作るなんていう機会も増えるのではないかと思います。 そこで今日は料理を作る楽しさについて考えてみたいと思います。

 

 まず質問です。 あなた自身は料理を楽しく作っていますか? それとも毎日、惰性で(笑)?

最近は優秀なAI(人工知能)を搭載したロボットがいるから、毎日あなたの食べたいを予測して作っておいてくれるなんていう日もそのうちくるかもしれませんね。 

どうでしょう? 毎日帰ったら、おいしい料理ができあがっているって。

 確かにおいしくできあがった料理を何もしないで食べられたら、疲れて帰ってきたらありがたいですよね。 

 でも、ふと疑問が沸くのです。 できあがっていればそれでいいんだろうか、と。

 

私は料理というのは、作る手間も楽しさのうち、と思っています。 

 

たとえばじゃがいもをゆでる。 

レンジでラップして、の方が断然早いし、そうする方も多いのかもしれません。 でも、めずらしい品種が手に入ったら?(ご近所からもらった、などで) ちょっと蒸してみようかなって思いませんか。 時間をかけて甘味はどんなかんじかな、と待ちながら。

写真のようなきのこ。 

包丁で切れば楽ですが、手で割いて炒めると、味が染みやすくおいしかったりします。

いいにおい、ジユーっと焼ける音、料理をするから体験できることだと思います。

 料理を作る時、今から使う材料が一番おいしくなる方法を考えるのも楽しさの一つです。

ただ時間をかける、ということではないんですよ、念のため。

 

他にも料理を作る楽しさはいろんなポイントで見つけることができます。

【理科の実験】

小さな子供さんなら、さっとゆでた茗荷を甘酢につけるだけで、色が赤く変化する理科の実験のような化学変化を体験することもできます。

【歴史】

昔の日本人は肉は食べてなかった? 生クリームは誰が考えた? など、食の歴史は文献もいろいろです。郷土料理なんかにも触れてみるのも、敷居が高く思われがちな和食を身近に感じる一歩になります。

【味覚の実験】

旅先で家と同じように緑茶を入れてみたら同じ味がする? 違う?

ちなみにこれは私が必ず旅先で行うことの一つです。 水の味で料理の味が変わるからです。 おもしろいですよ。

 

紹介したのはほんの一例ですが、いろいろ興味のありそうなところから料理に親しむのも一見回り道のようですが、おいしく作るのに役立ちます。

敢えて書籍など、紹介しません。図書館やウェブで私の知らないこと、本に出会えるかもしれないですからね。

 

 夏休み、いつもと違うあなたの楽しみ方を見つけて、楽しんで下さいね☆!

 

最後までお読みいただいてありがとうございました。 

 

 

 

 

 

 

7月の料理カレンダー

料理カレンダー、行事食

f:id:inseasonfukusai:20160628211837g:plain

こんにちは。いつもdiaryをご覧いただきましてありがとうございます。

6月最終週になりました。 行事がたくさんある7月、夏休みの7月、というわけで恒例のカレンダーでご紹介しましょう。 夏はお祭り三昧!

1日 半夏生

半夏生(はんげしょう)というのは田植えの後「農家が一休みするとき」だそうですが、ここ大阪では蛸(タコ)をいただきます。
一番おいしい時ですね。
明石の蛸を食べてもらおうと始まったとか、言われていますが、蛸の足を延ばしたように広く米の苗の根が張るようにとも言われます。
「一休みする」というのは田植えの後、苗を触らないことでしっかり根が張るのでしょうかね。昔の人の知恵かもしれないな~と勝手に想像しています。 タコは脚の吸盤の粒が並んでいるものがメスだこといい、身が柔らかいです。 産卵期を過ぎると味が落ちるので、楽しむならお早めに。 写真はタコの大葉ドレッシング。 市販のドレッシングも悪くないですが、すだちを絞って、しょうゆと合わせて、などいろいろ楽しめます。 柑橘との相性は抜群です。

7日 七夕 小暑

二十四節季の一つ 小暑でもあり、七夕です。七夕にはそうめんを食べるというのは結構有名になったかなと思いますが、一応お伝えすると桃の節句端午の節句と同じ節句なのです。なので節句ならではのポイントがあって、古代中国より伝わった陰陽五行を由来とする(ここでは長くなりすぎるので省略しますが)色があるのでよく五色そうめんが売られているのです。
卵で黄色、椎茸で茶色、ねぎやきゅうり、☆型のオクラ輪切りで緑など、七夕の日は少し華やかに5色そろえて食べてみましょう。

 

中旬頃よりお祭りシーズン到来です。

実際には京都の祇園祭は1日から行事が行われていますが、有名な山鉾巡行は17日です。 また、祇園さんは後祭も行われるようになりました。

このころにお盆の行事をするところもあるようです。(昔は大阪でもあったようです)

22日 大暑

二十四節季の一つ。 文字通り一番暑いころです。 関西のお祭りというと鱧(はも)が有名ですが、穴子もおいしい季節。

24日 25日 天神祭

天神さん、で親しまれる菅原道真公の天満宮の夏祭り。 船渡御は楽しいです。

天神さんといえば、鱧(はも)をいただきます。 関西ではデパート、スーパーでも鱧が比較的手に入りやすいので、ぜひぜひうちで食べてみましょう。
大阪では玉ねぎと一緒にすき焼きのようにする「鱧鍋」、天ぷら、照り焼き、湯引きなどで家庭でも食べています。(湯引きは塩なしでいいですよん)梅肉でいただくとおいしいです。 骨と頭を魚屋さんがつけてくれたら、骨と頭をゆでて、そのゆで汁で身をゆがきます。 浮き袋も食べられます。 身が白いものが新鮮なんですよ。

30日 土用の丑 住吉大社夏祭り(茅の輪くぐり)

うなぎを食べるというのは広く知られていますが、土用しじみと言ってしじみもおいしい時期です。寒しじみと一年に2回おいしい時期があります。
お菓子は「土用餅」といって、こしあんののった白いお餅の和菓子をいただきます。

大阪では住吉さんのお祭り(夏越の大祓神事)がこの時期にあります。8月1日まで

31日 堺大魚夜市

大阪府堺市で行われる魚の市です。 もっと全国で有名になったらいいのに、とこうして書いていますが、実は私も行ったことがありません。 元々は住吉さんのお祭りにお供えする魚を取る漁からはじまったといわれていますが、港町らしい祭りですね。

大阪の別称「なにわ」の語源、魚庭らしいお祭りに思えます。

19:00~魚のセリがあるそうです。

 

この時期になるとのど越しのいい、冷たいものが食べたくなりますね。

体を冷やしすぎないように、上手に薬味を使ってバランスを取りたいものです。

ではまた来月!

今日もたくさんお読みいただいてありがとうございました。

 

 

「料理の失敗」、その時に何をするか

料理の上達

f:id:inseasonfukusai:20160619162527g:plain

いつも読んでいただいてありがとうございます。

in season中田綾子料理教室の中田です。

 

さて、最近うちの教室サイトを検索してくださったキーワードに、失敗したのかな?と思われる検索ワードがいくつか並ぶようになりました。

副菜レシピのブログとは違って、保存食の方なのですが、副菜でも保存食でも、何か失敗したかも~と思って検索して答が出なければ、遠慮なく質問してくださいね。

別に生徒さんじゃないから、教えないよ、なんてセコイことはしません(笑)。

よほど礼節を欠いたメールが来ない限り、対応させていただきます。

もちろん、その場を拝見したわけではないので推測でしかお答えはできませんが、それでも引き出しに入っているいろいろな知識から何かお手伝いできることがあるかもしれません。 おばちゃんの知恵でよかったら遠慮なく。

 

さて、誰にでも訪れる「失敗かしら?」というその時。

あなたはどうしますか?

 

失敗というのはドラエモンのポケットの中の道具を増やすようなものです。

「失敗して、よかったね!」 そのぐらいの気持ちで受け止めましょう。

慰めでもなんでもなくて、その時どうするか。 が、あなたのできること、できないことを教えてくれるし、なんとかできたとしたらそれはあなたの切り札の道具としてポケットに大切に収納されるからです。 また、次同じような場面で取り出して使える道具(知恵)です。

 

ちょっと例を挙げておきましょう。

味が濃すぎた時

肉じゃがを煮ていました。しょうゆがたくさん入ってしまった。 塩辛い、どうしよう。 こんな時は煮汁を一度別の器でもなんでもいいので取り出します。

汁気がなくなった状態で、今度は新しいだしを入れて味をつけずに煮てみましょう。

これでバランスが取れればいいし、取り出した濃い煮汁を少し足して、味を整えるというのも有です。

または、濃い程度がまだなんとかなりそうなレベルなら、新しくじゃがいもを追加しましょう。 塩分は均等の濃度になろうと思って、新しいじゃがいもに移動してくれます。

炒めものの場合は、「表面にざっと湯をかけて、調味料を取る」というのも荒療治ですが可能です。 そのあとはちょっと強火で水気を飛ばしてね。 いっそのことスープにしちゃう、というのも方法です。

 

他にも失敗はいろいろあるでしょう。 でも「なんとかならないかな~」があなたの力になっていきます。 

 

腐ってしまった状態(煮汁、つけ汁が濁る、臭うなど)にならない限り、なんとかなると思います。

 

 いきなり捨てずに、頑張ってみましょう。

 

それではまた次回。 今日も最後までありがとうございます。

 

 

 

教室名変更・新しいレッスン開講のお知らせ

お知らせ

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

2016年6月5日付 教室名を変更いたしました。

(旧)in seasonイン・シーズン料理教室

(新)in season中田綾子料理教室

 

今後ともよろしくお願いいたします。 

 

季節を楽しむレッスンをはじめることになりました。

通信講座ではなく、一緒に作って楽しめるレッスンです。

日程、講座内容は教室のサイトに掲載しています。 

初回のレッスンは行事食を楽しみたいと思います。

f:id:inseasonfukusai:20160606221302g:plain

inseasonlesson.localinfo.jp

6月の料理カレンダー

料理カレンダー、行事食

早くも梅雨を連想させる雨が続いていますね。 

こんにちは。 in seasonイン・シーズン料理教室 中田です。

よく見たらあまり更新できていないうち今日が5月最終日! 

もう一つのブログ(そばにある幸せ~大阪の小さな台所から)で紹介したとおり、この時期はとても忙しいのです。 許してくださ~い!

 

 今年は例年に比べるとらっきょうがやや少ないだとか、先週やっと和歌山の新しょうがが登場したりとか、農産物はなかなか自分の時間の都合ではやってきてくれないのがつらいところです。

では気を取り直してまいりましょう!

6月 

ちょっとヨーロッパのお話を。イタリアではこの月にインフィオラータ(花祭り)というのが開かれるそうです。食べ物については地域それぞれのようですが、あと、音楽祭のシーズンでもあります。 ちょっと日本とは気候が違うせいもあり、趣が異なるようです。

日本では梅雨で、祝日のない月ですが、和の行事やおいしいものは結構ある月ですので紹介していきましょう。

1日 鮎の日

なのだそうです。 

5日 芒種二十四節気の一つ) 

稲、麦など、先の部分にある特徴のあるものの種をまく、というよくわかりそうで、わからない日。 花を見ることはあっても、なかなか実の状態を見る機会には恵まれないので説明に乏しく申し訳ないのですが、考えてみれば田植えも6月ですね。 収穫に向けて大事な時期なのでしょう。

14日 御田植神事(大阪)

大阪市内という都市の中で行われる田植え! でも神事なのです。 住吉大社であるそうで、見てみたいと思いながら忘れる...詳細は住吉大社のサイトをご覧ください。

興味のある方はぜひ。

6月 | 住吉大社

19日 父の日

母の日に比べると若干影が薄い感がありますね。父の日のギフトといえばお酒の広告が出ていたり...。 好きなものを食べてもらう日、でいいのではないかと思います。

あ、一言で片づけているわけでは、ないですよ~(汗)。 日頃の感謝は忘れずに。

21日 夏至

 一年で一番昼の長い日。 この日にタコを食べるというのも聞きますが、大阪では7月の半夏生かな?と思います。

30日 夏越の祓 

夏越の祓というと京都で行われる茅の輪くぐりが有名ですが、あちこちであるようで、

大阪でもこの日に行われるところがあるそうです。 ちなみに前述の住吉さんでは7月の大祭に行われます。 どういう日かというと、半年間の汚れを落とし、残りの半年の無病息災を願う、という日です。 それにちなんで氷室の氷に見立てた三角形のういろうに、魔除けの小豆をのせた「水無月」というお菓子をいただきます。 水無月はもともと京都で食べられていたものですが、今はあちこちで販売されるほど人気の和菓子になりました。 もちもちとした食感がおいしいですよね。

それでも京都では、この日だけ作るというお店も多いようです。

ちなみにうちの教室も6月のレッスンでやりま~す!(写真はお手製の水無月

f:id:inseasonfukusai:20160531222441g:plain

6月においしいものといえば、鮎、淡路では鱧(はも)の最盛期とか。

麦わら蛸といって、タコがおいしくなる季節でもあります。 穴子も並び始めますね。

野菜でいえば、ハス芋、枝豆、すでに並んでいますがゴーヤー、茄子も地物が並ぶ季節です。 できるだけ時間を作って、副菜レシピもアップしますので、待っていてくださいね。

6月も皆様においしい季節の材料が届きますように。

最後までお読みいただきありがとうございます。 それではまた来月!

 

inseasonlesson.localinfo.jp

 

大切な料理を安全に保管! 冷ます工夫あれこれ

,食中毒対策

f:id:inseasonfukusai:20160514221013g:plain

こんにちは

in seasonイン・シーズン料理教室 中田です。 

だいぶ気温が高くなってきましたね。 窓を開けるとさわやかな風が・・・う~んいい季節です。

でも、やってくるんですよね、奴らが。

ご〇〇〇っていう虫じゃなくて、あれです、ハエ。 コバエなどいつの間にか部屋の中に入ってきます。 

窓辺にぶらぶら、ぶらさげても気が付けば台所に小さくぶ~んって飛んでいることがあります。 

料理に異物混入は厳禁! 食中毒の危険があるからです。何としても防がなきゃいけません。

食中毒を避けるためには

 

  1. 残った料理は早く冷ます。 冷めたらすぐに冷蔵庫へ。
  2. 水のついたままの容器、器に保存しない、箸も乾いたもので移し替えて保存。
  3. 虫を寄せ付けない

をまず、実践してみましょう。

 

写真で紹介しているのは

「ふんわりラップ」・・・蒸気が溜まらないように少し風が抜けるようにラップします。 冷めたらそのまましっかりくっつけて、冷蔵庫に入れられるので便利です。 ちょっと大きめに覆うのがポイント。

「乾いたザル」・・・風を通し、虫をよけることができます。 必ず完全に乾いたものを使いましょう。

「保冷剤で冷ます」・・・氷は飲用に使うことが多いですね。 だから氷は使わずに、保冷剤。保冷剤はこんな時再利用できます。 夏はお店で付けてもらったら、さっと拭いてから冷凍庫に少し備蓄すると便利です。 写真は瓶を鍋で冷やしています。 横着なこんな方法も簡単です。 

大事なポイントは一つ。 そのまま冷ます器(写真は瓶)より、高さのないもので冷やします。 水が入るのを確実に防ぎます。

液体の場合は写真の右下のように、瓶の中の液体を振って混ぜながら冷やすと早く冷えます。

作り置きは台所に立つ人みんなの強い味方。

おいしく作って安全に保存して使いましょう!

最後まで読んでくださってありがとうございました。 ではまた次回(^ ^)

 

 こちらも好評発売中! 

www.amazon.co.jp

 

5月の料理カレンダー

料理カレンダー、行事食

いつも読んでいただいてありがとうございます。

 in  seasonイン・シーズン料理教室 中田です。

いよいよGWが目の前! 5月です。 5月になると春というより、初夏ですね。 意外と雨の多いときもありますが、いずれにしても新緑やバラの美しい素敵な季節です。

ではカレンダーで紹介しましょう。

1日 八十八夜

今年はいきなり八十八夜です。 ♪「夏も近づく八十八夜~」♪という歌があるのはご存知でしょうか。 茶摘みの歌で、この日は映像もよくテレビで流れています。 立春から数えて88日目にあたり、この時の新芽はいいお茶になるとか。 実際に新茶が出回るのはもう少し先です。

 

5日 端午の節句  立夏

男の子のお節句です。 この日の粽と柏餅についてですが、粽は平安時代に中国から伝わりました。 餅ではないですが今も台湾の竹の皮に巻いたものや、香港の蓮の葉に巻いたおいしいごはんがありますね。 柏餅はというとこれは日本の武家社会のころ始まったようで、柏の葉は新しい葉が出ないと古い葉が落ちないというので家が続くので縁起がいいと、使われるようになったそうです。 

f:id:inseasonfukusai:20160423223529j:plain

鶴屋八幡さんの柏餅 2個も食べてませんよ~

今年はこの日が「立夏」。 

さわやかな料理を少しずつ食卓に乗せましょう。 

GWの連休のころは日差しの強い日もありますね。 さっぱりしたサラダや酢の物も食卓にあると美味しいと思います。

 

8日 母の日

皆さんはお祝いのごちそうはお母さんと一緒に食べる派? 離れていると遠くにいる母を想う日ですね。子供のころの母との思い出とか。 

どんな料理がなつかしいでしょうか。 また、受け継ぎたいでしょうか。 ちなみにうちの母はありがたいことに元気です。

 

9日 卯の葉神事 (大阪・住吉大社

この日は大阪で一番有名な神社、住吉さんの建立された日なんだそうです。

ちなみにこの神社にはたくさん卯の花が咲くそうで、その葉にまつわる神事が行われます。

なんでこの話かと言うと、卯の花といえば、料理でいうと「おから」のことをさします。 おからの炊いたんは年中食べますが、卯の花和えなどおからを使った和え物もあり、そういう料理はだいたい初夏の料理としてこの時期に登場します。

 

20日 小満

春に芽吹いた植物が育つ、満ちる、つまり少しずつ実ができ始めるころ、といったような意味だそうです。

刈り入れるといえば、どうしても日本人は稲のイメージが強いのか秋を想像すると思いますが、麦はこの時期に刈るそうで、『麦秋』という季語はこの頃をさします。

 

5月は忙しいシーズンです。

新しょうが、実山椒など漬けるものがたくさん出てきます。

5月においしいもの、といえば

初鰹(関西でも最近は5月によく出回っています)で鰹のたたき

小鯵、淡路、泉州の新玉ねぎで南蛮漬け

いか(小いか)、たこも少しずつ出回ってきます。

ハウスものですが、大阪では水なすも、ちらほら見かけます。 

いちごは路地ものが楽しめますし、メロンなど瓜類が登場しはじめます。

少しずつ気温が上がってくるので食中毒の危険も増してきます。保存するものは早めに冷蔵庫へ。

皆様が5月も美味しい季節の 食事を楽しまれますように!

ではまた来月。 お待ちしてます。

質問はこちらまで

inseasonlesson.localinfo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright(c)in season Ayako Nakata All rights reserved.